野菜ジュース

野菜ジュース

野菜ジュースの特集

このページは「緑黄色野菜と淡色野菜 」の情報コンテンツです。

もっとヘルシーに野菜をとりたい方には、こういった既成品の野菜ジュースより手作りで作るほうがお勧めです。例えばこのスロージューサーのように、低速回転で絞るほうが生きた酵素ジュースになります。栄養素も壊さずに作れるのでとっても便利です!

野菜ジュース > 緑黄色野菜と淡色野菜

豆知識

野菜の分類「緑黄色野菜と淡色野菜」について

野菜は大きく緑黄色野菜と淡色野菜の二つに分類されます。淡色野菜はあまり聞いたことがないかもしれませんね。この二つの違いについて見てみましょう。

緑黄色野菜について

緑黄色野菜と言うと、ほうれん草やにんじん、ピーマンなど色の濃い野菜を思い浮かべます。野菜の色はある程度分別の役には立ちますが正確には少し異なります。実は、緑黄色野菜とはなんぞや、について厚生労働省で定義されています。

原則として、可食部100gあたりに含まれるカロテンが600μg以上のものを緑黄色野菜としています。これ以外にもピーマンやトマトなどはカロテンが600μg未満ですが、食べる頻度や量が多いので、栄養指導上は緑黄色野菜となっています。

カロテンの役割

緑黄色野菜を定義するカロテンは、動物は生成することができない、植物だけに含まれる物質です。光合成によって生成されるオレンジ色の成分です。にんじんにはこのカロテンが多く含まれているのでオレンジ色をしています。カロテンの一つであるベータカロテンは抗酸化作用を持っているので、肌荒れや老化防止の効果があると言われています。

淡色野菜について

淡色野菜(たんしょくやさい)と名前がついていますが、これは緑黄色野菜以外の野菜を示す言葉として使われます。なので、あまり聞いたことがないと思います。基本的に100gあたりのカロテン含量が600μg未満の野菜が淡色野菜です。タマネギや大根、白菜など色の薄い野菜が多いですが、正確には色による分類ではありません。

緑黄色野菜をたくさん摂取しよう

厚生労働省は、21世紀における国民健康づくり運動、通称健康日本21という健康づくりの運動を推進しています。この中で必要な栄養摂取として、一日野菜350g以上、そのうち緑黄色野菜120g以上の摂取を推奨しています。しかし、緑黄色野菜の摂取は平均で100g満たない状態です。野菜を一日に350g食べるのは結構大変ですが、野菜ジュースならもっとお手軽に摂取することができます。野菜ジュースをうまく活用してはいかがでしょう。

野菜ジュース 激安通販