野菜ジュース

野菜ジュース

野菜ジュースの特集

このページは「ジュースを作るときのポイント 」の情報コンテンツです。

もっとヘルシーに野菜をとりたい方には、こういった既成品の野菜ジュースより手作りで作るほうがお勧めです。例えばこのスロージューサーのように、低速回転で絞るほうが生きた酵素ジュースになります。栄養素も壊さずに作れるのでとっても便利です!

野菜ジュース > ジュースを作るときのポイント

豆知識

自宅でジュースを作るときの注意点

野菜ジュースは自宅で本当にかんたんに作ることができます。ちょっとしたポイントを抑えておくとよりおいしく作れます。

ジューサーとミキサーの使い分け

無添加野菜の写真 ジューサーを使うか、ミキサーを使うかは繊維を残すかどうかで選択します。ジューサーは水分と繊維に分けて絞り出すので、できたジュースはさらっとしてのどごしがスッキリしたものになります。

一方のミキサーは果物や野菜をすりつぶしたり、牛乳などの水分を混ぜるときに使います。できあがったジュースは繊維質がたっぷり残ったドロッとしたものになります。 また、最近注目されているのはこのスロージューサーです。ゆっくりと低速回転して作る野菜ジュースは、必要な栄養素が壊れにくく、生きた酵素として飲むことができます。

ジュースに向かない食材は?

アクの強いものや通常生のままで食べないものはひと手間必要です。ほうれん草やゴボウは、一度ゆでてアク抜きしてから使います。じゃがいもやさつまいもは加熱してから利用するのがよいでしょう。にんじん、きゅうり、カボチャなどにはビタミンCを破壊する酵素が含まれているので、レモン汁やクエン酸を一緒に使って酵素の働きを弱めるとビタミンCをたくさん摂取することができます。

手作りジュースの作りおき

野菜や果物には皮をむいたり切ったりして、しばらく置いておくと空気にふれた切り口の色が変わってしまうものがあります。ジュースも同じように作ってから時間がたつと、味や色が変わり、栄養価も減ってしまいます。ジュースを作ったらできるだけ早く飲むようにしてください。たくさん作ってしまった場合は、冷凍すれば、比較的味の劣化を抑えることができます。

市販のジュースとの違いは

市販のジュースも天然果汁や濃縮果汁還元タイプなど果汁100%のジュースは栄養素にそれほど違いはありません。ただ、繊維質は自作のジュースの方がたくさん含まれています。また、手作りジュースは市販ジュースにはないフレッシュさがあります。お好みでいろんなジュースが作れるところも利点でしょう。

野菜ジュース 激安通販